« わたしは主に罪を犯した | トップページ | キリスト教とは何か。 - pen別冊 - »

2010/06/24

「よし」

今日は久しぶりに入門講座に参加しました。

神父が多忙なため、みんなで創世記のはじめのところを分かち合いました。聖書の中でも私が好きなところです。何もないところで「光あれ」と栄光を示された後に、世界を順に作られていきます。そして「よし」といわれます。

この「よし」でわかるように、神様は世界を完成に向けて作られました。だから「人生に無駄なものは何もない」ですし、「乗り越えられない試練はない」のです。これは私にとって、とても大切な信仰です。世界が流れていて、誰かが助けてくださるのではなく、世界が完成に向かっていてその中に私の人生があるのです。

そこでは、たとえ苦しい出来事であっても、それには意味があります。いつかそれが役に立つのです。だから乗り越えられない試練もありません。もちろん失敗するかもしれませんが、そのことも私の人生にとっては、大切な出来事なのです。

この「よし」は、ようやくできたときの「よし!」ではないと思います。英会話でこまめに「Good!」とさらりと言うように、「そう、そう、その感じ」「いいぞ、いいそ」のような「よし」だと思います。

私の人生でも、苦しいときもやってきます。でも、へこたれるわけにはいきません。その苦しみには意味があり、喜びにつながるからです。そして、もしどうしようもなく疲れたなら、そっと耳を澄まします。

きっと、「よし!、その感じ、もう少し!」と聞こえるはずです。

神に感謝!

<')))><

|

« わたしは主に罪を犯した | トップページ | キリスト教とは何か。 - pen別冊 - »

コメント

素敵なよしですね☆

投稿: ケファ | 2010/06/24 01:26

「乗り越えられない試練はない」これは私が二年前に代父さんから頂いたとっても大事な信仰のエッセンスで私も今でもいつまでもとても大事にしていきたいと思います☆

投稿: ケファ | 2010/06/24 01:31

代父さん、今日、本当に素晴らしい体験をしました。私、嬉しくって何年も赦せなかった人を赦すことができました。その人も私と同じように苦しみと罪を背負っていたんです…。それが分かった時にこれではお互いずっと罪の状態にある。愛しあうことができないと聖霊が降り、その方を赦すことができました…。心から「よし!」と言える本当の自分に神の御前に素直に立ち返ることができたんです…。私たちのお父様である神様って本当に素晴らしいお方!主に栄光!

投稿: ケファ(さっちゃん) | 2010/07/09 05:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/48706262

この記事へのトラックバック一覧です: 「よし」:

« わたしは主に罪を犯した | トップページ | キリスト教とは何か。 - pen別冊 - »