« 準備の時を大切に! | トップページ | ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた »

2009/12/20

「頑張る」は「我を張る」

「頑張る」の語源には諸説あるようですが、「我を張る」という説があるそうです。自分の考えを曲げず、やり続けることを「頑張る」と言うようになったのでしょうね。

うつ病の人に「頑張る」という言葉は禁句だそうです。現実の状況を受け入れずに無理をすればするほど苦しいだけ、現実を受け入れて最善を尽くせばそれで良いのだと思います。

我を張って無理をしても、それが良い結果になるとは限りません。今を否定せず、今を大切に生きること。結果が良くても悪くても、素直に生きることが納得できる生き方ではないでしょうか。

<')))><

|

« 準備の時を大切に! | トップページ | ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた »

コメント

頑張る意味は、我を張ることとも書いてありますね。
心の欲することをして生きる意欲を増す。
それが自分をも含む皆のためになることであれば、
頑張るって素敵なことですね。
鬱になる人は、ある意味頑張りが効いて、能力を使いすぎたのかもしれません。
脳が疲れ過ぎ、脳の分泌物(神経伝達物)が不足してくるのかもしれません。
私などは、頑張りが効かず、すぐあくびが出て眠くなります。
だから気楽に過ごせるのでしょう。
素直とは言い難いが、凡人でも悪くはない。
このように自分の都合のいいよう、解釈することは、
わがままが抜けないからでしょう、どうしょうもありません。

投稿: エスプリ | 2009/12/21 00:13

頑張るのもほどほどにしないと身を滅ぼしますね。
クリスマスの御降誕までにキリストが心の中に常にいて下さるように心を綺麗に洗わなければなりませんね。
我欲が出てきたときや罪を犯した時は悔改めの祈りを祈ってます。

投稿: ケファ | 2009/12/21 06:39

>エスプリさん
コメントありがとうございます。

きっと、義務感を感じて、幸せややる気を失うとだめなんでしょうね。

>ケファさん
コメントありがとうございます。

神様は「いたるところに遍在する」と言いますから、慌てても遅いかもしれませんね。素直に向き合うことが大切なのでしょうね。

投稿: さかば | 2009/12/21 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/47071953

この記事へのトラックバック一覧です: 「頑張る」は「我を張る」:

« 準備の時を大切に! | トップページ | ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた »