« 救われたことば | トップページ | 神の愛に希望を置く »

2009/05/31

めいめいが生まれた故郷の言葉を聞く

今日は聖霊降臨の主日でした。神さまが復活後に聖霊が弟子たちに降り注ぎ、教会が始まった日とされています。第一朗読は「聖霊が降る」(使徒言行録2・1-11)で、炎のような舌が分かれ分かれに現れて聖霊に満たされたお話です。

以前も書きましたが、舌の形は「しゃべる」、火は「愛」を現し、愛の心を持って弟子たちがイエスさまのみ教えを人々に伝えることができる恵みを、聖霊によって与えられられたということを意味しているそうです。

説教では、旧約から現在に至るまでの聖霊の働きが語られました。いつも神さまはそばにおられるのですね。

第一朗読を呼んでいて、バベルの塔(創世記11・1-9)のお話を思い出しました。人間が一つの言葉で話すころ、傲慢になって天に届く塔を作ろうとします。神さまはそれを見て、人間に様々な言葉を与えました。

それが、イエスの昇天後の聖霊降臨によって言葉が通じたのだと思いました。傲慢な思いでなく、神の心を知ったとき、人は心を通わせることが出来るのだと思いました。

先日、私の苦しみを書いたところ、お祈りの言葉をいただきました。一人で苦しむのではなく、苦しみを分かち合ってくれる人がいる、それはとても心強いことです。映画マザーテレサが、海外電話でお祈りをお願いするシーンがありましたが、こんなにありがたいものだったのかと思いました。

人はそれぞれに色々な考えを持ちますが、神の心によればきっと心が通う。そう思いました。

<')))><

|

« 救われたことば | トップページ | 神の愛に希望を置く »

コメント

さかばさん、こんばんは。30日に投稿した者です。「神様の恵みがもっと強くさかばさんにありますように」と書いたのは、
31日が聖霊降臨の主日であることを意識
して、この日に祈るならいつもよりもっと
聖霊がさかばさんに降り注がれればと
祈らせて頂きました。
私は、5月より会社の命令でいままでの
経験と異なる全く新しい仕事に取組んで
います。それは、自分の望んだ仕事では
ありません。さかばさんの心労に
比べると私の仕事の苦労はちっぽけかも
しれませんが、マタイ6.25~「思い
悩むな」と同7.7~「求めなさい」を
胸に秘めて6月勇気を出して頑張りたい
と思います。さかばさんとわかちあい
ながら頑張れればと思います。
さかばさんもガンバレ!

投稿: mtmac | 2009/06/01 00:19

再度のコメントありがとうございます。
そうですか、自分に都合よく読んでいました。
応援のお言葉をありがとうございます。
頑張ってはおりますが、頑張ろうと思うと必死になって、無理をしすぎてしまいますから、できることをただ誠実に淡々と行うというスタンスでやっています。

お互いに希望を失わずに歩みましょうね。

投稿: さかば(管理人) | 2009/06/02 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/45194338

この記事へのトラックバック一覧です: めいめいが生まれた故郷の言葉を聞く:

» 主は備えてくださる(アドナイ・イルエ) [聖書名言集]
そうしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。今日でも、「主の山の上には備えがある。」と言い伝えられている。 旧約聖書 創世記 22章14節 アブラハムは神の命令に従い、愛する我が子イサクをモリヤの山へ全焼のいけにえとして捧げにいった。アブラハム..... [続きを読む]

受信: 2009/06/01 14:14

« 救われたことば | トップページ | 神の愛に希望を置く »