« 泣く | トップページ | 「あなたがたに平和があるように。」 »

2009/04/15

見えないものを信じる

主の御復活おめでとうございます。
今年の復活徹夜祭は、2回目の代父をしました。急に仕事が忙しくなって、どうなることかと思いましたが、主が備えてくださった(ヤーウェ・イルエ)ようです。

復活徹夜祭では聖書の朗読が多く、所属教会では抜粋して読まれました。創世記からは天地創造と、アブラハムがイサクを捧げようとする所です。天地創造では「光あれ」と神の栄光を示され、7日目に休まれたこと。これは一週間の起源と言われています。

神の命令にしたがってアブラハムがイサクを捧げようとした話は、いよいよと言うときに神が止め、イエス・キリストを示すと言う身代わりの羊が用意されました。そして、その地は「ヤーウェ・イルエ」(神は備えて下さる)と名付けられました。

出エジプト記からは、神の取り計らいによってユダヤの民がエジプトから脱出したときのお話です。エジプト軍に追われていよいよだめかと言うとき、モーセが杖を高く上げると、が海が二つに割れて難を逃れたお話です。人々にかかった二つに割れた海の滴が洗礼を表していると言われています。

イザヤの預言からは、あがないの主が見捨てられることがないことが、パウロのローマの教会への手紙からは、我々が洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものになり、罪に対しては死んでいるが、神に対して生きているというお話でした。

福音では受難から3日目にマグダラのマリアらが墓を訪ねると、すでに墓の石がよけられていて、復活したイエス様の姿を見ることができなかったお話でした。

神様の姿を誰も見ることができません。世界を創造し、完成に導く神、その姿を誰も見ることができないのです。哲学の世界でも神の存在証明が試みられましたが、神は存在するともしないとも証明できませんでした。

しかし、私は神の存在を是とします。神の存在がなく、すべてが偶然であると仮定しても世界は存在しますが、私の存在理由が存在しなくなります。すべてが偶然であるなら、苦しみも偶然、喜びも偶然、すべてが偶然になってしまいます。

神の存在を是としたなら、すべての物事に意味が存在します。すべてのことが世界の完成には欠かせないのです。私が生まれたこと、あなたが生まれたこと、そしてあなたがこの文章をごらんになっていることもすべて意味があります。

人生にはさまざまな出来事が生じます。幸せなことばかりではありません。苦しいこと、つらいことがたくさんあります。偶然と思うなら自分に生じる不幸な出来事を不条理だと思うでしょう。人生の幸せに傲慢になり、不幸に落ち込むことでしょう。

神の存在を認めたなら、苦しい出来事に意味を考えることができます。すべてのことに意味があるのだからと、その時の自分にしかできないことや最善の策を考えます。幸せには感謝して、不幸な出来事もチャンスに変えることができます。神の存在が世界を変えるのです。

所属教会の復活徹夜祭では、21名もの方が神さまを是とされました。苦しみに負けない心を与えられたのです。
洗礼を受けられた皆さん、おめでとうございます。もうだいじょうぶですよ。

(聖書の引用は日本聖書協会 新共同訳)

<')))><

|

« 泣く | トップページ | 「あなたがたに平和があるように。」 »

コメント

こんばんは、初めてコメントしますが、いつも読ませて頂いていました。
そうですね、本当に、ここで読ませていただくことは偶然ではなく、神様のお計らいだと思います。いつも、ミサのお説教の話、私の所属教会のお説教と重ねあわせて、味わっています。
私も、先日、受洗いたしました。神様の愛を感じ、幸せ者ですdelicious

投稿: もこ | 2009/04/19 01:17

コメントありがとうございます。
受洗されたのですね。おめでとうございます。
ほっとされ、また、心丈夫になられたのではないでしょうか。これからも、もこさんにたくさんの恵みがありますように。

投稿: さかば(管理人) | 2009/04/19 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/44675854

この記事へのトラックバック一覧です: 見えないものを信じる:

« 泣く | トップページ | 「あなたがたに平和があるように。」 »