« 地には平和、御心に適う人にあれ | トップページ | あけましておめでとうございます »

2008/12/28

ヨセフの背中のような愛

Seikazoku1_2 今日は聖家族の祝日でした。ヨセフとマリアの愛によって育てられたイエス。その家族のありようは、私たちの模範であり、私たちの救いなのです。

先日、キリスト教を避けている娘がふざけて、聖家族の像を反対に向けていました。その姿を見て、私は考えさせられました。聖家族は聖ヨセフの大きな外套に守られていました。そして、その隙間を埋めるように聖母マリアの外套がイエスを守っていたのです。

Seikazoku2_2 私の霊名でもあるヨセフは厳しい現実を受け入れて、大きな愛で家族を守っていました。そして、マリアも現実を受け入れた上で、ヨセフを助けてイエスを大きな愛で守っていたのでした。

子供は弱いものです。すぐに風邪をひいたり、病気をしたり、なかなか食べてくれなかったり、ぐずったり、、、。私が思春期の頃、本当は自分が食べたいくせに食べ物を譲ってくれる親が不思議でした。でも、私も子供を持つようになって、ようやくわかりました。自分よりも大切なものがあるのですね。

聖家族の愛、それは神から人間への愛でもあると思います。悲しんだり、苦しんだりしているときは共に悲しみ、喜び、笑っているときは共に喜び、微笑んでくださるのでしょう。そんな愛に包まれているからこそ、苦しい現実を受け入れつつ、希望を失わずに生きていけるのでしょう。

<')))><

|

« 地には平和、御心に適う人にあれ | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/43557373

この記事へのトラックバック一覧です: ヨセフの背中のような愛:

« 地には平和、御心に適う人にあれ | トップページ | あけましておめでとうございます »