« 手の合わせ方 | トップページ | 復讐心は人間を醜く変えてしまう - スパイダーマン3 - »

2008/08/11

安心しなさい。

今日の福音朗読は、発売中のコミックモーニング・ツーに掲載されている「聖☆おにいさん」にも出てくる「湖の上を歩く(マタイ14・22-33)」(リンク先は聖書協会の聖書本文)でした。

「聖☆おにいさん」では、天界のペトロに電話して怪談を聞くという場面でこのお話が出てきます。

ペトロたちが嵐の中で船を出していると真夜中の3時頃に何者かが船の後ろをついてきて、小さい船かと思ってよく見ると、白い服を着た長い神の男性が水の上にふわふわと、、、。すかさず「うわ~何そのひと超こわ~い」「って、私じゃーん!!!」と、イエスがノリツッコミをして、あまりの無礼講ギャグにブッダが肝を冷やす。

というお話です。あまりにショッキングなギャグでしたが、それを忘れきらないうちに今日の福音、ついつい笑いそうでした。

聖書の方は「幽霊だ」とおびえる弟子たちにイエスは

「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」

と言われます。そして、ペトロもお願いして水の上を歩くのですが、強い風を受けて怖くなり沈みかけ、イエスが

「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」

と言われるお話です。

説教によると、このお話はマタイによる福音書が書かれた西暦60年頃の教会を表しているのではないかと言うことでした。イエスを失い、暴君ネロによる白梅の中、教会を弟子たちで守る様子を、嵐の中の船として表しています。そして、イエスの教えにしたがいながらも不安を感じてしまう様子が、ペトロとして描かれているとのことでした。

私たちの生活もこの弟子やペトロのようなものなのでしょうね。私たちは社会を生きる中で、さまざまな嵐にあっては苦しんでいます。そして、嵐の中で救いを見出してもゆだねきれずに恐怖を感じています。しかし、「安心しなさい」と言われるのですから素直に安心すれば良いのでしょう。そして、水の上を歩く勇気はなくとも、少しずつ歩んでいけばよいのでしょうね。

(聖書の引用は日本聖書協会 新共同訳)

<')))><

|

« 手の合わせ方 | トップページ | 復讐心は人間を醜く変えてしまう - スパイダーマン3 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/42132026

この記事へのトラックバック一覧です: 安心しなさい。:

« 手の合わせ方 | トップページ | 復讐心は人間を醜く変えてしまう - スパイダーマン3 - »