« 信じない者はすでに裁かれている | トップページ | 私にとって神とは - ご聖体 - »

2008/05/25

ご聖体のよろこび

今日は「キリストの聖体」の祭日です。
福音朗読は「イエスは命のパン」(ヨハネ6・51-58)でした。この中で、

生きておられる父がわたしをお遣わしになり、またわたしが父によって生きるように、わたしを食べる者もわたしによって生きる。これは天から降って来たパンである。

とキリストの体、つまりご聖体が天から降ってきたパンであると言われます。これに合わせて第1朗読は「神の賜る良い土地/主を忘れることに対する警告」(申命記8・2-3,14b-16a)で、モーセがエジプトから脱出し食糧不足に陥った際にマナが与えられたことを振り返るお話でした。

ご聖体は明日を生きるための命の糧です。説教では、神父さまが病者の塗油をされた際のお話でした。死を目前にされたお年寄りがご聖体をいただいた時、お釈迦さんのようなきれいな顔をされたそうです。最後の時であっても幸せを感じられるご聖体は、その方にとって恵みそのものだったのでしょうね。

昔書いた詩「あの方と共に」を思い出しました。家族には評判が良くなかったのですが、良かったら読んでください(ちょっと恥ずかしいですけど)。

(聖書の引用は日本聖書協会 新共同訳)

<')))><

|

« 信じない者はすでに裁かれている | トップページ | 私にとって神とは - ご聖体 - »

コメント

こんばんわ

今日、洗礼の恵みに預かることができました。洗礼名はヨゼフです。洗礼を受けた教会で24年前結婚式をあげ、司式をしていただいた神父様から洗礼と堅信の秘蹟をいただきました。勉強は、まだ許しの秘蹟が残っています。さかばさんの記される言葉の数々、私にとってとても励みになるものです。これからも読ませていただき、ときどき書き込みをさせていただきます。

投稿: ひつじ | 2008/05/25 22:53

ついに洗礼の時が来たのですね。おめでとうございます。待たれた時間が長かった分だけ、喜びもひとしおでしょうね。
結婚式の時と同じ教会と神父様というのは素敵なお話ですね。きっと、洗礼に向けて結婚式も用意されていたのでしょうね。
洗礼名は私と同じですね(私の場合は新共同訳に合わせて「ヨセフ」にしたのですが、みなさん「ヨゼフ」と言われます)。これからもよろしくお願いします。

投稿: さかば(管理人) | 2008/05/25 23:45

洗礼をおめでとうございます。
オン父の手の平にご自分の名前が(洗礼名とともに)天で登録されて毎日毎日「大丈夫」何があっても「大丈夫」どこでもいつでも「大丈夫」といってイエスとマリア様がいてささえてくれます。すべてが恵みの光のうちに包まれほんとうにおめでとうございます。

投稿: 霊的やじうま | 2008/05/26 22:17

>霊的やじうまさん
お祝いの言葉をありがとうございます。
こういう掲示板的な使い方も良いですね。「さかば」的でうれしいです。

投稿: さかば(管理人) | 2008/05/27 23:57

ご聖体に関しての付録。「私達は一日に2回ご聖体拝領をします。第1回は早朝ミサのなかで第二回は瀕死の悪臭放つ貧しい人に(キリストを見)触れることでご聖体拝領をします。
現代の矛盾は第一ご聖体拝領をする人は第二を知らない。第二をする人はミサのご聖体拝領を知らないことです。」(マザーテレサ)
ホームレス6千人に洗礼を授けた牧師さんは、ホームレスにむかって「あなたたちはふつうには考えられないほどさげすまれ、だまされ、たたかれ、打ち捨てられ着るものはなく腹は減り寝場所もなくほんとうによく耐えてきた。えらい~。あなたたちはそういう経験があるはずのない天皇陛下よりえらい~。まさに~主ご自身キリストと同じだ~。」と叫ぶ、会場のホームレスはうめきすすり泣く。。。

投稿: 霊的附録人 | 2008/05/29 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/41313143

この記事へのトラックバック一覧です: ご聖体のよろこび:

« 信じない者はすでに裁かれている | トップページ | 私にとって神とは - ご聖体 - »