« はずかしい思い出 | トップページ | わたし自身を現す »

2008/04/28

善をおこなって苦しむほうが、悪を行って苦しむよりはよい

今日のミサの第2朗読は「正しいことのために苦しむ」(一ペトロ3・15-18)でした。このなかの17節が心に響きました。

神の御心によるのであれば、善を行って苦しむ方が、悪を行って苦しむよりはよい。

洗礼を受ける前に神父様に言われた言葉を思い出しました。

洗礼を受けたら楽になると思ってはいけない。もっと苦しくなる。

その時はよくわからなかったのですが、今なら何となくわかります。人間は、いや、少なくとも私はダメダメです。普通に生きているだけで、いろいろな罪を犯してしまいます。良いことをしたつもりでも、自分の中にある傲慢な気持ちが見えてしまいます。

でも、苦しくても洗礼を受けて良かったと思っています。少しでもより良い方向が見えるからです。ほんの少しだけ、ちょっとだけ良いことをする。そこには苦労が伴うかもしれませんが、良いことをしたという喜びがあります。

洗礼を受けることで楽になるわけではありませんが、みこころに従った時は暖かいような、幸せな気持ちになるんですよね。やっぱり、洗礼良いですよ~

(聖書の引用は日本聖書協会 新共同訳)

<')))><

|

« はずかしい思い出 | トップページ | わたし自身を現す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/41016277

この記事へのトラックバック一覧です: 善をおこなって苦しむほうが、悪を行って苦しむよりはよい:

« はずかしい思い出 | トップページ | わたし自身を現す »