« ヤーウェ・イルエ ~四旬節黙想会に参加して~ | トップページ | 契約の更新 »

2008/03/19

十字架につけたのは私です

受難の主日であった先日のミサでは涙がにじみました。イエスさまが裁かれる模様(マタイ27・11-54、リンク先はJBS日本聖書協会)が福音朗読で読まれたのですが、神父さまのほか、二人の朗読奉仕者が読みます。その途中で、ミサの参加者が「十字架につけろ!」とイエスさまを裁くのです。

この「十字架につけろ!」という言葉を読むと私の胸が熱くなります。私を苦しみから救ってくださったのは、十字架にはりつけられたイエス様ですが、そのイエスさまが十字架にかけられたのは私の罪深さです。

私の苦しみは、自分の思いにとらわれて、自分の側からしか世の中を見れなかった苦しみでした。人類の罪を一身に背負われたイエスさまは、私の罪をも背負ってくださいました。だからこそ、私は救われたのだと思います。

神さまは時間と空間を超越した存在です。2000年前に私のために十字架にかけられたイエスさまを思うと、「十字架につけろ!」と言うたびに胸が熱くなるのです。

<')))><

|

« ヤーウェ・イルエ ~四旬節黙想会に参加して~ | トップページ | 契約の更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/40553755

この記事へのトラックバック一覧です: 十字架につけたのは私です:

« ヤーウェ・イルエ ~四旬節黙想会に参加して~ | トップページ | 契約の更新 »