« 神の美しさを仰ぎ見る | トップページ | 色々な出会い »

2008/02/17

好きになるのではなく、愛することが求められている

ここ何週間かで、最も印象に残った言葉です。
イエスさまは「汝の隣人を愛しなさい」と言われましたが、好きになりなさいとは言われていません。人それぞれ苦手な食べ物があるように、どうしても好きになれない人がいます。イエスさまは嫌いな人を好きになれとは言われていません。嫌いでも良いから、その人を認めて愛するのです。

ミサの後の要理の時間でこんな話を聞きました。あとで、食べ物で考えるとイメージが広がります。嫌いな食べ物が料理に入っていたら、毛嫌いするように分ける人がいますが、好きな人に任せるとか、そもそも注文しないとか、嫌いな食べ物がより生きる方法があると思います。

人との付き合いにつかれることも多々ありますが、無理に好きになろうとせず、しみじみと受け入れ、その人が生かせるような優しさを持ちたいものです。

書きたいことが色々あるのですが、公私ともに忙しく、体調もあまりよくないので、ペースが落ちています。気長に見てやってください。

|

« 神の美しさを仰ぎ見る | トップページ | 色々な出会い »

コメント

さかばさん、体調があまり良くないとのことですが、
大丈夫でしょうか・・・?
無理なさらずどうぞお大事になさってくださいね。

今日のお話、とても心に残りました。
人間、どうしても好きになれない人、苦手な人がいるものです。
でも「嫌いでも良いからその人を認めて愛する・・・」
「無理に好きになろうとせず、しみじみと受け入れ、
その人が生かせるような優しさを持つ」
このような愛を持つことができれば本当に心穏やかに、
そして心豊かに生きていくことができますね。
心がけていきたいと思います。
素敵なお話をありがとうございます。

私も年明けから眼を傷めてしまい
もう殆ど良いのですが、
まだ長距離のドライブは自信がなく(教会まで60kmほどです)
今日も教会をお休みしてしまいました〈涙)
3週間もごミサに与っていない、罰当たりものです・・・


投稿: ayako | 2008/02/18 02:00

コメントありがとうございます。
仕事のピークとプライベートのピークが重なって、ちょっとヘロヘロです。健康上の問題は、のどの粘膜がやられていて、煙や乾燥した空気を吸うとせきが出る程度なので、仕事も休めず、ミサで歌っては咳込んでいます。

眼は大変ですよね。ブログで教会に行けないと書かれていたので心配していましたが、長距離の車移動なら行けなくても仕方ないですね。お祈りはどこでも出来ますし、神さまは「いたるところに偏在する」とも言います。きっと、神さまが、たまには休むように言われているのでしょう。

(私は歌がうまくなってから歌えと言われているのかもしれません、、、)

投稿: さかば(管理者) | 2008/02/19 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/40163554

この記事へのトラックバック一覧です: 好きになるのではなく、愛することが求められている:

« 神の美しさを仰ぎ見る | トップページ | 色々な出会い »