« 冷静に見ていなかった - 働きマン - | トップページ | 金持ちのザアカイは必死に救いを求めていた »

2007/10/31

神さまを必要としない人

先日のミサは「『ファリサイ派の人と徴税人』のたとえ」(ルカ18・9-14)でした。このお話では、ファリサイ派の人と徴税人の二人が祈るために神殿に上ります。ファリサイ派の人は自分の正しさを述べ、清い生活が送れていることを感謝します。一方、徴税人は『神様、罪人のわたしを憐れんでください。』と神に自分への憐れみを求めます。イエスさまは、へりくだった徴税人を義とされます。

散髪をしてジョージ・マイケル(古すぎ?)のように精悍になった神父さまの説教では、「ファリサイ派の人は神を必要としなかった」と語られました。この言葉はショッキングでした。ファリサイ派の人は神様への感謝を語りながらも、ルールを守ればよいと決め付け、他人を裁き、自分は正しいと考えて、一人で生きていたのです。

思い起こすと、神さまに出会う前の私はファリサイ派の人とあまり変わりませんでした。自分は頑張っている、うまくいかないのは人の責任、私は正しい、そんな感情がいつの間にかありました。しかし、そんな考え方はいつまでも続きません。

物事に「良いこと」と「悪いこと」があるなら、それは同じことの表裏にすぎません。きっと、いつか反対のことが起こります。ある確率でラッキーな出来事が起こるなら、同じ程度の確率でアンラッキーなことが起こるはずです。良いことがあった時に神に感謝するなら、悪いときには神さまを恨むのでしょうか?

世界の完成に向かって計画されているなら、すべては良いこと、恵みに違いありません。ものごとには意味があり、人は簡単に物事を判断すべきではありません。徴税人のように人に批判され、苦しみながら生きることにも意味があるに違いありません。それを知らずに人を裁くことは、知らず知らずのうちに神さまを裁いているかもしれません。

禁じられたことをしないだけでなく、幼子のように純粋な心を持たなければなりません。定められた行いの実践よりも、神の愛を感じ、愛に生きることが重要です。自分を中心において世界を見るのではなく、神さまの愛を中心に世界を見なければならないのでしょう。

(聖書の引用は日本聖書協会 新共同訳)

<')))><

|

« 冷静に見ていなかった - 働きマン - | トップページ | 金持ちのザアカイは必死に救いを求めていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/16927115

この記事へのトラックバック一覧です: 神さまを必要としない人:

« 冷静に見ていなかった - 働きマン - | トップページ | 金持ちのザアカイは必死に救いを求めていた »