« 薄くても恵みがいっぱい | トップページ | 安心して行きなさい »

2007/09/27

デウス=ゼウス - キリシタンの言葉 -

きょうの入門講座の余った時間で、長崎の教会のビデオを見ました。途中で、キリシタンのお話が出てきて、遠藤周作さんの本などで見たことのある「デウス」「オラショ」などの言葉が出てきました。そこで、ポルトガル人でヨーロッパの言葉に堪能な神父様が、言葉の解説をしてくださいました。

オラショ(ORATIO)
ラテン語の「祈り」。ポルトガル語ならORACAO。

パードレ(PADRE)
ポルトガル語の「神父」。父の意味なので英語のfatherと同じですね。

デウス(DEUS)
ポルトガル語の「神」。何となく似ているので確認すると、ギリシャ神話に出てくる「(大神)ゼウス」と同じだそうです。多神教のある神の名前が「神」を表すとは少し驚きです。フランシスコ・ザビエルが日本に来た際に、このデウスを仏教用語の「大日(如来)」と訳して混乱したそうですが、定義の異なる「ゼウス」が語源なら「大日」でも良かったのではないかと言うのは暴言でしょうか?

日本語になったポルトガル語には、ビードロ(VIDRO)、天ぷら、コップなどがあります(このほかにもカステラ、金平糖、カルタもそうですね)。

また、ギリシャ語は他の言語の語源になっていることが多く、biology(生物学)、philosophy(哲学)などもそうです。philosophyはフィロ(友)+ソフィア(知識)という意味で、このフィロ(友)とポ(馬)で12使徒のフィリポという言葉ができているそうです。

<')))><

|

« 薄くても恵みがいっぱい | トップページ | 安心して行きなさい »

コメント

初めまして。シズコと申します。
「オラショ」懐かしいなあと思って寄らせていただきました。
私は学生時代に、合唱のワークショップで隠れキリシタンに伝わる「オラショ」を歌いました。普通5本線の楽譜なのに、このオラショは四本線の楽譜に音符がありました。詳しい事は忘れましたが、歌っている?(または唱えている)時の不思議な高揚感を覚えています。その時はクリスチャンではなかったのですが・・・。
この類の勉強し始めると、楽しいですね。
別の話になりますが、博多の「どんたく」は、ポルトガル語かスペイン語の「ゾンターク」(休日?または祝祭?)から来たというのをうろ覚えに覚えてます。(はっきりしなくてすみません)

投稿: シズコ | 2007/09/30 22:45

コメントありがとうございます。
オラショの歌もあるのですね。一度聞いてみたいです。

「どんたく」はオランダ語のようですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%8F
「半ドン」の語源にもなっているようです。

投稿: さかば(管理者) | 2007/09/30 23:12

もし、オラショをお聞きになりたいのであれば、CD「柴田南雄・宇宙について」というCDでお聞きになれます。以前東京の教文館でも販売しておりました。私も持っておりましたが、合唱の後輩にあげてしまいました。かなり変わった曲なので、お聞きになる価値は充分あると思います。ぞんたーくはオランダ語だったのですね。教えて下さってありがとうございました。(^ー^)

投稿: シズコ | 2007/10/01 23:35

情報ありがとうございます。
出張のついでに四谷のサンパウロで探しましたが、ありませんでした。いつか見つけたら、聞いてみたいと思います。

投稿: さかば(管理者) | 2007/10/04 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/16586004

この記事へのトラックバック一覧です: デウス=ゼウス - キリシタンの言葉 -:

» 【 ギリシャ神話 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
ギリシャ神話に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007/09/27 06:41

« 薄くても恵みがいっぱい | トップページ | 安心して行きなさい »