« 神さまがわかるでしょ | トップページ | 自分の気持ちに素直になる - 天使にラブ・ソングを2 - »

2007/05/17

三位一体

日曜日のミサでこの言葉を聞いて、思い浮かんだのは三位一体です。

あなたがたが聞いている言葉はわたしのものではなく、わたしをお遣わしになった父のものである。(ヨハネ14・24)   

これが、キリスト教の中でも難解な概念である三位一体の答えなのでしょう。「父と子と聖霊」と言いますが、なぜ3つのものが一つであるか、ようやくわかったような気がします。3つのペルソナが単純に一つなのではなく、完全な父と、完全な子の言葉は同じものなのですね。そういえば、ヨハネによる福音書のはじめはこんな言葉でした。

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。(ヨハネ1・1)

言葉こそが神で、この言葉において父と子は一体なんですね。Wikipediaには、こう書かれています。                              

アウグスティヌスは三位格の関係を「言葉を出すもの」父、「言葉」子、「言葉によって伝えられる愛」聖霊という類比によって捉えた(『三位一体論』)。

そういえば、福音朗読の後半にこんな言葉がありました。

父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。(ヨハネ14・26)

言葉を与えてくださった父と子が天におられる今、聖霊の働きによって与えられた洗礼が私たちの信仰を保ってくれるのでしょう。

(聖書の引用は日本聖書協会 新共同訳)

<')))><

|

« 神さまがわかるでしょ | トップページ | 自分の気持ちに素直になる - 天使にラブ・ソングを2 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/15098947

この記事へのトラックバック一覧です: 三位一体:

« 神さまがわかるでしょ | トップページ | 自分の気持ちに素直になる - 天使にラブ・ソングを2 - »