« 「世界像の危機」と「わたしにとって」 | トップページ | キリスト者は積み重ね »

2007/04/29

重ねて言います。喜びなさい。

きょうは世界召命祈願の日です。そういえば、マザーテレサの映画で、マザーが「召命、いや、そんなものではありません。神さまの道具になりたいのです。」という言葉を思い出していました。

しかし、思いのほか短い福音朗読に、どうも気持ちが入らないままに聖体を拝領しました。そして席に戻る途中で、置いてあったカードをなにげなくカードを見ました。それは、先日亡くなられた、所属教会の第2代主任司祭のカードで、こう書かれていました。

「主に結ばれたものとして、いつも喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい」(フィリピ4・4)

このごろ色々なことがあって、思いわずらっていたのかもしれません。しかし、何よりも喜びを素直に感じることが大事だったのですね。必要なものは与えられるといいますが、神様は、凄すぎです。

<')))><

|

« 「世界像の危機」と「わたしにとって」 | トップページ | キリスト者は積み重ね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/14885665

この記事へのトラックバック一覧です: 重ねて言います。喜びなさい。:

« 「世界像の危機」と「わたしにとって」 | トップページ | キリスト者は積み重ね »