« 悪魔の誘惑をさけましょう | トップページ | 洗礼でかわること »

2007/02/26

祈ることで救われる

先日の入門講座で神父さまがこんなことを言われてました。

「お百度参りというのは、やっているうちにあきらめる気持ちになることだ」

お百度参りをはじめるときは、ある強い願いを持ってはじめます。そして100回もすると、これだけやればと納得し、ダメでも諦めがつくようになると言うことです。そういう素朴な信仰も大事であると言うお話でした。

キリスト教の祈りでも、同じような面があると思います。仮に神さまが信じられなくても、

「もし、神さまがおられるなら、願いを聞き入れてください」

とお祈りすることで、不思議と自分の気持ちが落ち着いてきます。これは、お百度参りと同じ効果でしょう。

神さまの愛を信じることができるなら、あるいは信仰の恵みを願うなら、さらに救われます。

「御旨ならば、願いを聞き入れてください」

そう祈ります。神さまはすべての人を愛し、良い方向に導かれる、すべてのことは意味があると信じるなら、この祈りは救いをもたらします。

人の願いの中には、わがままな気持ちが含まれていることが多いでしょう。それを何でも神さまに聞いてもらおうという気持ちと、こんなことが御旨であるわけがないと思う気持ちが、心の中で揺れ動きます。やっぱり叶えてほしい。でも、無理だろう。そんな思いが渦巻く中で、心静かに待とう、やるだけはやった、ダメでも別の道がある、など冷静に自分を見直せるようになり、心に平安が訪れます。

すべての人の心の中に、神さまがおられると思います。神さまに祈り続ければ、きっと答えてくださいます。わがままだって良いのです。どんな気持ちも受け止めて、良き方向を示してくださいます。自分の心を神さまにさらけ出して祈れば、きっと光が見えてくるはずです。

そうそう、あまりにもわがままなお願いのときは、マリア様に取り次いでいただくように祈るのもおすすめです。

過去の記事
神が信じられない方へ
祈りと願い
求めるものは何でも得られる
マリア様へのお祈りができました‐カトリック神田教会‐
アフリカの主の祈り

書籍
神との一致(奥村一郎著『祈り』)
祈りのかたちとブログ(奥村一郎著『祈り』その2)
お祈りはキリストとの闘い(「「深い河」をさぐる」)

入門講座の記録
祈り(勉強会編)
祈り(勉強会編の続き)
主の祈り
全幅の信頼による祈り その1
全幅の信頼による祈り その2
聖母マリアへの祈り
ロザリオの祈り

<')))><

|

« 悪魔の誘惑をさけましょう | トップページ | 洗礼でかわること »

コメント

さかばさん、はじめまして。
高円寺教会で洗礼予定の者です。
8488さんのブログからきまして、
以前からこちらのブログを楽しみに拝見させていただいています。

さかばさんのブログは、『目から鱗』、
とても有益な内容で信仰の指針になる事が多いと感じています。こちらで紹介された書物も既に数冊、購入しては感動を覚えております。これからもブログの更新を日々楽しみにしております。

投稿: ny | 2007/02/27 08:15

コメントありがとうございます。
高円寺で受洗されるのですね。今年も大勢の方が洗礼を受けられるようで、いつもの事ながら驚いています。

私がキリスト教に興味を持ったころは、未信者向けの情報が少なくて困りましたので、入門講座(勉強会)の内容を中心に書き始めました。お役にて立てていましたら、とてもうれしいです。

その他のところは、個人的な意見も入っていますので、お気づきの点がありましたら、コメントお願いします。

投稿: さかば(管理者) | 2007/02/27 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/14058573

この記事へのトラックバック一覧です: 祈ることで救われる:

« 悪魔の誘惑をさけましょう | トップページ | 洗礼でかわること »