« 人にしてもらいたいと思うこと - 聖書の分かち合い - | トップページ | 宮城まり子のチャリティーテレソン »

2007/02/22

信仰、希望、愛 - 灰の水曜日 -

昨日は灰の水曜日でした。四旬節(リンク先はカトリック中央協議会)が始まりました。ミサは朝7時だけなので、ちょっと早起きをしてでかけました。大斎日・小斎日にゆるされている朝食も食べずに行きましたが、眠くてせっかくのお説教も良く覚えていません。ということで、夜の入門講座のお話を中心にまとめてみました。

クリスマス前後の待降節と降誕説は、神が人となる命の誕生をお祝いするもので、待降節には4本のローソクを立てます。復活祭(イースター)前後の四旬節と復活節は人が神、つまり、イエスがキリストであることを信じるお祝いです。四旬節は主日を除いて40日あります。この40と待降節のローソクの4という数字は試練と忍耐を表します。

復活節では、聖霊降臨により大きなローソクに火をつけます。この火は、聖霊降臨によって神さまが根付くまで灯されます。

(一コリント13・13)には、こう書かれています。

信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。

この言葉から、イエスさまを覚めた目で見ていないか、知恵に頼っていないか、イエスさまとの関わりの中で希望を持っているか、イエスさまの愛にならっているか、を考えなくてはなりません。

神さまなら何とかしてくれる、自分が100%悪いときでも何とかしてくれる、そんな信仰が大事です。自分の力によってではなく、教えていただいた喜びを感じましょう。

「自分ではなく隣人を喜ばせる」(ローマ15・1)では、「忍耐と慰めの源である神」とされています。忍耐と慰めから、希望を得るのです。洗礼の水は死を表します。プロテスタントのある宗派は、水の中に身体をつけますが、水の中で死に、神の子として生まれ、希望に生きるのです。

カテキズム(公教要理)には、「聖徒の交わり」が載っています。キリストの聖体との一致のほか、聖なる人々との交わりの意味があります。それは、この世を旅する信徒だけでなく、罪の償いを果たしつつある死者や、天国に入った幸いな人びとも交わりに加わっています。この祈りによって神と聖人たちは、私たちの祈りを聞いてくださいます。

生きている人なら、人の弱みを言いふらすこともありますが、諸聖人になら自分の悪いことも包み隠さず言うことができます。人は体裁を保とうとして表裏ができるので、本当のことが言えず、孤独になってしまいます。心を開いて打ち明けられる人は少ないからです。亡くなった愛ある人になら、自分の考えを打ち明けて、すべてをまかせることができます。打ち明けて、打ち明けて、納得するまでとことん打ち明ければ、そこに希望が見出せるでしょう。

灰の水曜日のミサでは、回心のしるしとして頭か額に灰をかける「灰の式」という典礼があります。去年の枝の主日祝別していただいたソテツの葉から作られた灰を頭にかけ、額に十字を書いていただきます。

「回心して福音を信じなさい」と言われて灰を受けます。私は人よりも回心すべきと思われたのか、かなり多めにいただきました。ミサが終わっったときに灰が残っていると言われ、ついついはらってしまいましたが、はらわずに自然に落とすほうが良いそうです。

灰の水曜日と聖金曜日は大斎・小斎の日です。肉を食べず、1回は普通、朝食ともう一回は軽く(2分の1とか3分の1とか言われているそうです)食べて良いそうです。悩んだのは朝のミサです。そんなに律法的に考えなくて良いと思いましたが、ミサを朝食としておきました。前日はカーニバルがわりのFat Tuesdayでしたが、さすがに夜の入門講座の時間になると、血糖値が下がっているようでした。

何かを我慢して、四旬節愛の献金にまわせるように過ごせれば、信仰が深まり、希望が見出せ、愛に生きることができるのでしょう。

(聖書の引用は日本聖書協会 新共同訳)

<')))><

|

« 人にしてもらいたいと思うこと - 聖書の分かち合い - | トップページ | 宮城まり子のチャリティーテレソン »

コメント

・・・頭の中がこんがらがっていたのが
ようやく分かりました。
来年は灰の水曜日のミサに与りたいと
思っています。

しかし、この40日間はダイエットにも最適ですね!
(また不謹慎なことを・・・)

投稿: チキータ | 2007/02/22 23:37

コメントありがとうございます。
多くの教会で、日曜日にも灰のしるしを受けることができますので、ぜひ受けてください。
四旬節には、肉類、甘いもの、お酒、カフェインを避けて、回心への思いを強める方も多いので、ダイエットにもなるかもしれませんね。実は、昨日そんな記事を書こうかとも思っていましたが、空腹で書けなくて、ブログがダイエットしてしまいました(^_^;

投稿: さかば(管理者) | 2007/02/23 00:28

こんにちは。
私も、灰の水曜日のミサでばっちり
おでこに十字を書いてもらってきましたよ。
あまりに黒々と書いてあったのでつい携帯で写してしまいました(笑)

投稿: ソラ | 2007/02/23 12:57

>ソラさん
ブログで見ました。立派な十字ですね。
頭にどっさりより、おでこにしっかりの方が良いですね。

投稿: さかば(管理者) | 2007/02/23 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/14012225

この記事へのトラックバック一覧です: 信仰、希望、愛 - 灰の水曜日 -:

« 人にしてもらいたいと思うこと - 聖書の分かち合い - | トップページ | 宮城まり子のチャリティーテレソン »