« あしのともしび | トップページ | マリアさまへの祈り - アリの町のマリア その5 - »

2007/02/05

日本26聖人殉教者

Stj26 2月5日は日本26聖人殉教者(リンク先はWikipedia)の祝日です。日本26聖人は、1627年および1629年に列福、1862年に列聖されました。所属教会の守護聖人でもあります(写真は聖堂内にある二十六聖人殉教の碑)。

バテレン追放令(リンク先はWikipedia)ののち、二十六聖人の指導者である聖ペトロ・バプチスタ神父は豊臣秀吉の許可を得て布教していましたが、3年目の1596年、浅間山の大爆発で本州の中央に灰や石が降った後、近畿での大地震により伏見城や方広寺大仏殿が破壊され数万人が死亡、さらに台風と豪雨で多くの町や村が壊滅しました。

そんなときにおきたのがスペインの商船サン・フェリペ号が嵐にあい、土佐の浦土に入港しました。キリシタン嫌いの領主の土地に入港してしまったことから、スペインは日本を占領しようとして、宣教師を送っている、サン・フェリペ号には多くの兵士と武器が載っていたと、偽りの報告がなされます。

これに怒った豊臣秀吉が、24人に耳と鼻そぎの刑を命じました。しかし、サン・フェリペ号のスペイン人の嘆願と石田光成の寛大な処置によって左の耳たぶを少し切るだけですみました。その後、京都、大阪で引き回されました。

この後に死刑の宣告を受け、長崎への道を歩みました。道中で、フランシスコ会士の元にいた大工の聖フランシスコ吉(右端)、イエズス会のオルガンチノ神父から差し入れを依頼された聖ペトロ助四郎(右から3番目)が、殉教者の列に入ることを執拗に願い、26人になりました。

大阪から陸路、海路800キロの道を長崎に移動しました。栗原一利著「天使のゼノさん」(聖母の騎士社)pp.42-43によると、西坂の刑場では、聖アントニオ(右から10番目、背の低い左側)の両親が「アントニオ、アントニオ」と泣いていたそうです。二人は、アントニオを助けるように叫ぶのではなく、「アントニオ、私たちもいっしょに十字架に付けるよう、お役人にお願いしてくれ」と、怒鳴っていたそうです。聖パウロ三木の説教を何度も聞いていた役人は、じわっと涙したそうです。

トマス・オイデンブルグ、シーグフリド・シュナイダー著「日本二十六聖殉教者」(中央出版社)p.45によると、十字架にかけられたときに聖パウロ三木修道士(右から6番目)は、キリストの御教えを説いて磔になることを神に感謝して言いました。

「わたしはキリスト様に倣いまして、わたしも迫害する人々をゆるします。わたしは、いささかも、その人々をうらみません。わたしは神が、すべての人々の上に、あわれみを垂れたもうことを祈ります。そして、わたしの流す血が、同胞のみなさまの上に、豊かなみのりをもたらす慈雨となりますように願っております。」

志を翻すことを期待して、最後に聖ペトロ・バプチスタ神父(右から11番目、アントニオの左)が処刑されましたが(「日本二十六聖殉教者」pp.47-48)、

聖なる永遠の司祭は、みなの者が、雄々しくも殉教の血を流したのを見て、喜びと慰めに満たされた。そして、集まったキリシタンたちに向かっては、信仰を固く持してとどまることをすすめ、一方、異教徒に対しては、改心を力強く説き続けた。そして、死刑執行人たちの罪が許されることを天父にこいねがい、やりで脇腹を貫かれて息絶えたのである。かれの口元には、わが事なれりという安心と満足の微笑が、たたえられていた。

このような日本26聖人の願いは、隠れキリシタンに、そしてゼノ修道士によって引き継がれました。

|

« あしのともしび | トップページ | マリアさまへの祈り - アリの町のマリア その5 - »

コメント

 かって26聖人の前に二度参拝出来ました。自己犠牲ほど尊いことはありませんね。戦没者や空襲でなくなった方々も後世の私たち為の尊い犠牲者です。宗教者は連帯して地球人の為に尽くしたいですね。

投稿: 駿 | 2007/02/05 05:57

>駿さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
自己犠牲というよりも、キリストのために喜んで殉教されたようです。大いなるキリストの恵みを感じられていたのでしょうね。
わたしはソフトウェアの仕事をしているので、自分一人で生きているのではなく、過去の多くの人がいるからこそ、自分が生きていることをいつも実感しています。
過去の人々は大切にしたいですね。

投稿: さかば(管理者) | 2007/02/06 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/13789020

この記事へのトラックバック一覧です: 日本26聖人殉教者:

« あしのともしび | トップページ | マリアさまへの祈り - アリの町のマリア その5 - »