« 氷点 - 人の犯す色々な罪 - | トップページ | 「祈る」と「考える」 »

2006/11/29

クリスマスはプレゼントをする日

クリスマスというと、サンタさんにプレゼントをもらえる日だと思っていましたが、聖家族(サクラダ・ファミリア)を思い出して、プレゼントをする日だそうです。

クリスマスは馬小屋でキリストの生まれた日ですが、そのときには、こんなことがありました。

羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。(ルカ2・20)

また、占星術の学者が幼子イエスを探し当てて

彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。(マタイ2・11)

とあります。世話をしていた赤ちゃんにいずれ世話になるように、いつも一緒にいてくださる神の誕生を賛美して、祈りと言うお世話をすれば、いつかお世話をしてくださいます。

神さまを好きになると幸せになれます。そして、そのご利益を忘れずに祈ることが重要です。しかし、そのご利益を自分だけのものにするなら、それはご利益宗教になってしまいます。求めるだけでなく、出すこととバランスをとることが重要です。クリスマスには羊飼いのように「おめでとう」と言い、学者のようにプレゼントをしましょう。

このプレゼントは、神様の喜ばれるものだと思います。馬小屋に敷き詰めるワラとして日曜学校で集められるマッチのようなものでしょう。良い行いをしたら、マッチを一本そこに置きます。そして、クリスマスまでに、イエスさまが風邪をひかないように、馬小屋をマッチでいっぱいにするのです。

そういえば、小テレジアもおなじようなことをしていました。初聖体の日にイエスさまに花束を捧げましょうという代母の言葉に従って、「イエスさまに捧げる犠牲」「イエスさまに捧げる」を何回したかをノートにつけました。このノートは初聖体までにいっぱいになっていました。

今年はイエスさまに喜んでいただけるクリスマスプレゼントができますように、、、

(聖書の引用は日本聖書協会 新共同訳)

|

« 氷点 - 人の犯す色々な罪 - | トップページ | 「祈る」と「考える」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/12861206

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスはプレゼントをする日:

» クリスマス [ヤフーアンケートから見る現代社会]
街はクリスマスモードになってきてますネ。プレゼントをどうしようか考え中〜 [続きを読む]

受信: 2006/11/30 13:50

« 氷点 - 人の犯す色々な罪 - | トップページ | 「祈る」と「考える」 »