« 自分を一番におかない - 逆説の戒律 - | トップページ | エッファタ - 開け - »

2006/09/10

しみじみ教

先日、晴佐久神父の「星言葉」(女子パウロ会)を紹介しましたが、この本の「しみじみ」の内容が織り込まれた祈りをmixiで見つけました(リンク先はmixi内部:ログインが必要です)。とても良いので、ここでも本の内容にしたがって紹介します。

このブログでは、怒りにとらわれないことについて何度か書いていますが、晴佐久神父にかかるととってもおおらかな話になってしまいます。このしみじみ教は、晴佐久神父が「教祖は、ぼくである」とされている宗教、というか、運動あるいは考え方です。

人生には色々なことがありますが、何があってもしみじみすることが、しみじみ教です。良いことも、悪いことも、のんびりしてはしみじみ、あわただしくてもしみじみ、新しい命にしみじみ、友人が亡くなってもしみじみします。

がっかりしても「いやあ、こういうこともあるか。人生だねえ」としみじみする。とことん嫌な奴に出会っても、「いやあ、ここまで嫌な奴が世の中にはいるか。いやはや、それにしても見れば見るほど、見事なまでに嫌な奴だ」としみじみするのです。

この考え方は最強です。ストレスなんてありません。しみじみしているだけでは問題は解決しませんが、怒りに捕らわれて正常な判断ができなくなると良いことなぞありません。目前の問題をしみじみ眺め、冷静に考えているうちに良い解決法も生まれてくるでしょう。

このしみじみすることができれば、怒りから離れて真の自由を得ることにになると思います。

|

« 自分を一番におかない - 逆説の戒律 - | トップページ | エッファタ - 開け - »

コメント

さかばさん、はじめまして。
「しみじみ教」っていい感じですね。
私は最近がっかりすることが多くて気分が滅入りがちですから、さっそくこの「しみじみ教」を始めることにします。

投稿: ジャスミン | 2006/09/10 21:36

>ジャスミンさん
コメントありがとうございます。
「まあまあ」でも「やれやれ」でもなく、「しみじみ」って言うのが良いですよね。
これからもよろしく!

投稿: さかば | 2006/09/10 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/11828040

この記事へのトラックバック一覧です: しみじみ教:

« 自分を一番におかない - 逆説の戒律 - | トップページ | エッファタ - 開け - »