« 高円寺教会で聞いた神の声 | トップページ | 自分を一番におかない - 逆説の戒律 - »

2006/09/05

おやじの会の魅力 - カトリック高円寺教会 -

luke8488さんに「来ちゃうのがすごい」というようなことを言われました。言われてみると、何でなんでしょうね。たまたま出張が入ったとはいえ、2回も行ってしまうのは、、、

たぶん、そこでしか得られない何かがあるのでしょうね。よっちゃんの焼いてくださったホワイト餃子?確かに、とってもおいしかったです(ごちそうさまm(_._)m)。でも、食べ物だけではないでしょう。

晴佐久神父のミサ?確かにすばらしく、心に響くお説教です。でも、それだったらホテルに泊まって、ミサにだけ出ればよいことです。

やっぱり、おやじの会に魅力があるのです。それはやっぱり、ただの飲み会だからです。

ただの飲み会というと、仲間があつまって、好きなものを食べ、好きなを飲む。わいわい好きなことを言う。心のガードをはずして思いを話す。でもダメなことはダメという。なんだかんだ話しているうちに、お互いの心の中の何かが響きあう。

所属教会の神父さまと飲んだことがありますか?教会のパーティでならあります。でも、信徒と神父様です。入門講座で何気なく話されるときのほうが心を開かれているような、そんな感じさえあります。

同好会?確かに同じような考えを持った人の集まりですが、そんな話ばかりではありません。

でも、同じ神を愛している、何も気にせず飲んでいるだけで、落ち着くのです。年齢差も忘れ、上下関係も忘れ、ただひたすら飲んで話すのです。イエス様と弟子たちもこんなひと時を持っていたのでしょう。お互いに心を開いているからこそ響きあう、そんな気がします。

よくわからないのですが、そこには、神様にすべてをゆだねたときのような安らぎがあるのです。好きなことで集まって心を開きあう、そこに安らぎにつながる何かがあるような気がします。

|

« 高円寺教会で聞いた神の声 | トップページ | 自分を一番におかない - 逆説の戒律 - »

コメント

言葉でうまく表現できなくて「来ちゃうのがすごい。」ってことになっちゃいましたが

とにかく「うれしかった」ということです。

そして行動力がうらやましい。

「安らぎ」を感じてくれる感性がありがたいのです。

義務も責任も何もない「ただの飲み会」なのに「あ~だ」「こ~だ」文句ばかり言って、言い訳つけて出席しない理由を「人のせい」にまでするようなタイプもいるのですよ。

人が集まればいろんな思惑や好き嫌いなんかが発生するのは当然ですけどね。

「おやじ」かよ、「男」かよ、お前さぁ。みたいな。

「本音」と「タテマエ」にがんじがらめに囚われちゃってる。


でもそんなものも、こんなものも全部神様が飲み込んで、包み込んでくださるのを信じているぼくらは

淡々と継続していくのです。

投稿: luke8488 | 2006/09/05 09:58

コメントありがとうございます。
行動力と言われても、本人は実感がないのですよね。キリストを知り、感動して受け入れたことに比べれば大したこととは思えません。

>淡々と継続していくのです。

すばらしいですよね。それができるのは、業によるものでなく、そこに愛があるからだと思います。

人を見ないで神様を見ていれば、何事もうまくいくと思いますが、なかなか難しいですね。

投稿: さかば | 2006/09/06 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/11765622

この記事へのトラックバック一覧です: おやじの会の魅力 - カトリック高円寺教会 -:

« 高円寺教会で聞いた神の声 | トップページ | 自分を一番におかない - 逆説の戒律 - »