« 主の変容の祝日 | トップページ | 聖書 その2 »

2006/08/10

聖クリストフォロ

今日の入門講座で聖クリストフォロ(リンク先は聖人カレンダー)の話をうかがいました。聖書が

聖クリストフォロは大男で、体力を使って生計を立てていました。江戸時代の大井川にあったような、旅人を背負って川を渡る仕事をしていました。あるひのこと子どもに頼まれて川を渡っていると、どんどん重くなったそうです。

聖クリストフォロ(リンク先はサンパウロ)が肩に乗せていたのはキリストで、(救い主なので)手に地球を持っていたためにどんどん重くなったというお話です。このあと、レプロブスという名前でしたが、クリストフォロ(キリストを背負う者)と名乗るようになったそうです。

聖クリストフォロは、キリストを背負ったことから、仕事にやりがいを持ちました。このお話は、「あなたが今していることによい意味を見つけなさい」という意味だそうです。

日々の生活の中には色々とつらいことがありますが、そこに意味を見出して幸せを感じることは、信仰による大きな恵みの一つだと思いました。

|

« 主の変容の祝日 | トップページ | 聖書 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/11362642

この記事へのトラックバック一覧です: 聖クリストフォロ:

« 主の変容の祝日 | トップページ | 聖書 その2 »