« わたしはある -心のともしびテレビ番組- | トップページ | カトリック北野・三国教会 »

2006/08/20

食物は食べることによってではなく、消化によって我々を養う

今日のミサでは、第一朗読「知恵の勧め」(箴言9・1-6)と第3朗読「イエスは命のパン」(ヨハネ6・51-58)でパンと酒、すなわち、キリストの肉と血によって永遠に生きるとされています。

第2朗読「光の子として生きる」(エフェソ5・15-20)では、

今は悪い時代なのです。だから、無分別な者とならず、主の御心が何であるかを悟りなさい。(日本聖書教会 新共同訳)

とされています。これは単にお説教を聞き、御聖体をいただくだけでなく、きちんと自分の物にしなければいけないという意味です。お説教では、ショウペンハウエル著『読書について・他二篇』(岩波文庫)を引用され、

食物は食べることによってではなく、消化によって我々を養うのである

とされていました。また、それはガンジーのことば

祈るということは、日々、自分の弱さを認めるということ

にあるように、「神よ、あなたは私がなにをやることをお望みですか」ときくこと、謙虚に自分を見つめなおし、御心に従うことが大事であるとのお話でした。

信仰の妨げは、形式的になること、わかったつもりになること、謙虚であることを忘れて傲慢になることなのかもしれません。

|

« わたしはある -心のともしびテレビ番組- | トップページ | カトリック北野・三国教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/11532506

この記事へのトラックバック一覧です: 食物は食べることによってではなく、消化によって我々を養う:

« わたしはある -心のともしびテレビ番組- | トップページ | カトリック北野・三国教会 »