« 第一の創造第二の創造 | トップページ | 嵐の中の船 -カトリック桂教会- »

2006/06/24

成長するために愛が必要です

江島正子著「モンテッソーリの宗教教育」pp.220-222では、子どもが愛に出会い、保護されていることを感じる必要性が書かれています。保護されている安心感から、人格(オリエンテーション)が形成され、行動に結びつくとされています。このマリア・モンテッソーリ女史の考えは、子どもだけでなく成人にもあてはまると思います。

有名な山上の説教では「だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい」(マタイ5・39)とキリストは言われました。でも、「目には目」(出エジプト記21・24)の方が通常の感覚だと思います。やられたとおりにやり返す、それが普通の反応だと思います。

しかし、「神がまずわたしたちを愛してくださった」(一ヨハネ4・19)ということを思い浮かべるなら、逆境に対しても愛で答えられる可能性があると思います。愛されたとおりに愛し返す、それも通常の反応です。亡くなった親に受けた愛をわが子に返すように、神に受けた愛を隣人に返す、それもまた通常の反応と言えるでしょう。

周囲に味方がなく、自分一人が追い込まれたとき、ついつい人の責任にしたり、自分はだめだと追い込んでしまいます。そんなとき、すくなくとも神だけは愛してくださっている。命を与えられたときから、愛してくださっている。どんなに苦しいときも見守ってくださっている。その確信が救いをもたらすと思います

偉大な愛を信じて、その保護を感じましょう。怒りや苦しみは、傲慢さや視野の狭さかもしれません。神の保護を感じて心を落ち着かせることができたなら、自身を振り返り、これまでの気持ちを冷静に見直すことがきっとできると思います。

人の心の成長は幼児期で終わるものではないでしょう。年を重ねるにつれ、直面する問題は大きくなり、その状況に押しつぶされそうになうこともあるでしょう。そんなとき、常に愛を感じ、愛に包まれる安心のうちに生きて行くことが、より大きな成長に導いてくれる、モンテッソーリ女史の「成長するために愛が必要です」という言葉は、そんなことを感じさせてくれました。

|

« 第一の創造第二の創造 | トップページ | 嵐の中の船 -カトリック桂教会- »

コメント

そのとおりだと思います。
私も、今までを振り返って、
自分を傷つけた人を恨んでもいいことは
なかったが、許したり、理解しようと努めると、後年、思わぬよいことが私の身の上におきた、ということを経験しています。
 つらいときほど、そのつらさを祈りと
ともにささげることができるとき、キリスト者であって、幸いだった、と思います。
 死にたいくらい、つらかった時期もありましたが、「世間の誰が私を嫌い、後ろ指をさしても、家族と、神様だけは、私を
愛してくださる」という思いが、ありました。
 今、病院で働いていますが、病棟の患者様も、ほかの職員も、神様に愛された、大切な人たちなのだ、と思うことが、重要なのじゃないかな、と思うようになりました。
 私、わりと冷たいところがあるので。
自分が、どんなに精神的につらくても、一人で乗り越えてきた、という自負があるので、乗り越えられない人、すぐに感情で物事を判断する人に、冷たい思いを抱いてしまう、ということに気がついて、愕然としました。
(愛がないですね)
気をつけないと、私は、職場では、「人間味が感じられない」「怒りや感情をめったに表に出さないので、何を考えているのかわからない」と受け取られがちなんです。
 そんな私ですが、協調性やコミュニケーション能力が重視される職種についたため、
ここ数年、非常に学ぶこと、得るものがありました。自分がいかに、そうした面で、欠けていたか、気づかされる数年間でした。
 今でも、不足している点は多いですが、
自覚し、注意することで、問題がおきても、
こじれたり、長引くことは、少なくなりました。
 神様は、私を愛すればこそ、私の欠点を気づかせてくださったのだ、と思い、前向きに努力したいです。
 これから、夏に向けて、お体に気をつけてくださいね。
またよらせていただきます。

投稿: たらちゃん | 2006/06/24 22:28

素敵なコメントをありがとうございます。
気づかせていただけることも、大きな恵みですね。私も頑張っているときほど、ついつい傲慢になりがちで、そんな自分に気づいたときや、そんな風に人をみていることに気づいたときに、ハッとさせられます。
病院のお仕事も大変そうですね。人との関わりがあるからこそ、愛が必要なのですね。
お心遣いありがとうございます。たらちゃんもお体に気をつけてください。
またのお越しをお待ちしています。

投稿: さかば(管理者) | 2006/06/25 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/10654133

この記事へのトラックバック一覧です: 成長するために愛が必要です:

« 第一の創造第二の創造 | トップページ | 嵐の中の船 -カトリック桂教会- »