« ダ・ヴィンチ・コード ~真実と虚構の境界線 | トップページ | 全幅の信頼による祈り その1 »

2006/05/07

方向音痴の羊

今日のミサは「イエスは良い羊飼い」(ヨハネ10・11-18)でした。羊は群れを成す動物であるだけでなく、方向音痴だそうです。羊だけではどこに向かうかがわからず、行き先は羊飼いしだいです。良い羊飼いに恵まれた私たちは幸せです。導かれるままにキリスト者の道を歩み、毎年豊かな羊毛を提供しましょう。

以前、曽野綾子さんの書かれた羊のイメージを書きましたが、今日、神父さまの言われた方向音痴と言うのは知りませんでした。私も良き方向に導かれたいと思います。

今日は「子どもとともに捧げるミサ」でしたので御血の拝領はありませんでした。少し残念におもっていたところ、偶然が重なって、御聖体がいつもの丸いホスチアでなく、神父様が4つに割られたもののひとつをいただきました。味は同じでしたが、ちょっと幸せでした。

|

« ダ・ヴィンチ・コード ~真実と虚構の境界線 | トップページ | 全幅の信頼による祈り その1 »

コメント

さかばさん初めまして、demeと申します。カトリックで勉強中の者です。
さかばさんは今年洗礼を受けられたのですね。おめでとうございます。
これから時々お邪魔して、勉強させていただいても宜しいでしょうか?どうぞ宜しくお願いいたします。

それから、「イエスは良い羊飼い」について私も少し関連した記事を書きましたので、トラックバックさせていただきますね^^

投稿: deme | 2006/05/09 12:40

はじめまして、>demeさん
ここでよければ、いつでもお越しください。
トラックバック先を拝見しましたが、素敵なブログですね。羊は近視だから、群れたり、方向音痴だったりするのですね。勉強になりました。

投稿: さかば(管理者) | 2006/05/09 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/9945051

この記事へのトラックバック一覧です: 方向音痴の羊:

» 見つけられた子羊 [森の中の部屋]
今日は子どもたちと一緒に、久しぶりの御ミサに与りました。 先週の主日のミサは体調が悪くお休みをして、講座も祝日でお休みでしたので、なんだかとても久しぶりな気分でわくわくしてしまいました。 今日は子どもの日のお祝いで子どもたちにも特別の祝福があり、子どもたちでマリア様に花冠をささげる場面もありました。とてもきれいな花冠で、子どもたちに囲まれて、マリア様も喜んでいらっしゃったかしら・・・。今日の神父様のお説教は、とても心に残りました。 ・・・羊の特徴は近視です。羊は近くしか見えないので、自... [続きを読む]

受信: 2006/05/09 13:28

« ダ・ヴィンチ・コード ~真実と虚構の境界線 | トップページ | 全幅の信頼による祈り その1 »