« ミサワイン | トップページ | 祈り(勉強会編の続き) »

2006/04/22

我が道を往く-聖歌隊による教会の活性化-

500円のDVD「我が道を往く(GOING MY WAY)」を見ました。教会を立ち上げた老神父のところに、ビング・クロスビー扮する若い神父がやってきます。この二人の神父の関係や街の不良たちなど様々な人々が織り成すユーモアあふれるヒューマニズム映画です。アカデミー賞5部門獲得の映画です。

ほのぼのとする映画ですが、若い神父がなかなかユニークです。道路で子ども達と遊んで怒られたり、七面鳥を盗む不良を叱らず、不良が逃げ込んだ教会で老神父に見つかって仕方なしに寄付した七面鳥を平気な顔で食したり、なかなかユニークです。

しかし、この若い神父のすごいのは、不良を集めて聖歌隊を編成します。最初は老神父が顔をしかめるような歌を歌わせます。その中で、編成を決め、コーラスの楽しさを教えます。そして聖歌を歌うときには、不良たちの目は輝いていました。

どんな人も受け入れて、教会に居場所をつくる。今年90人が洗礼を受けた高円寺教会の活動につながるような映画でした(案内にはヤクザに演劇を教えるとありますが、カットされていたのが、ちょっと残念でした)。

いや~、教会って本当にいいもんですね。。。

|

« ミサワイン | トップページ | 祈り(勉強会編の続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/9714975

この記事へのトラックバック一覧です: 我が道を往く-聖歌隊による教会の活性化-:

« ミサワイン | トップページ | 祈り(勉強会編の続き) »