« イクスース&おわび | トップページ | プロテスタント信者の聖体拝領 »

2006/04/04

一粒の麦

来週の枝の主日はキリストのエルサレム入城の日です。そのエルサレム入城を前にして、ミサの福音朗読は「ギリシア人、イエスに会いに来る」(ヨハネ12・20-33)でした。

イエス・キリストは「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」と述べられました。これは、ご自身の将来の受難とその復活語のキリスト教の発展を述べられた言葉ですが、日本二十六聖人をはじめとする多くの殉教者をも表した言葉です。日本にキリスト教が伝わった後の多くの殉教者が、日本のキリスト教の発展に貢献したことは言うまでもありません。

来週の枝の主日では、いったん集まってから棕櫚(しゅろ:やし科の植物)の枝を持って行列します。映画「KING OF KINGS」(いずれ紹介します)でも棕櫚(というか見るからにヤシ)の葉でキリストを出迎え、ロバに乗ったキリストの前の道に敷いていました。聖週間にはキリスト教には枝の主日や足洗式など、イエスの生涯を模したものが多いですね。

(引用は日本聖書協会 新共同訳)

|

« イクスース&おわび | トップページ | プロテスタント信者の聖体拝領 »

コメント

関連記事をトラックバックさせていただきました。
なお,東京教区の「福音のヒント」では,この箇所を次のように解説しています。

>麦粒が自分を壊し、養分や水分を受け入れ、ほかのものとつながってこそ、豊かないのちが育っていきます。イエスのいのちはまさにそのようないのちでした。自分の中に閉じこもって、自分を守ろうとするのではなく、自らを壊して、神とのつながり、人とのつながりに生きようとしたいのちだったのです。

的確ですね~。

投稿: ct | 2006/04/04 12:53

コメント&トラックバックありがとうございます。
「福音のヒント」は、毎回、なかなか深くて良いですね。ctさんの記事とも良くあっていますし。
私の通っている教会では、守護聖人が二十六聖人なので、あのようなお話になったと思います。

投稿: さかば(管理者) | 2006/04/04 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/9420619

この記事へのトラックバック一覧です: 一粒の麦:

» 花が散って・・・ [マジス(MAGIS)]
写真(クリックすると大きくなります)は,私の通う教会と桜。近くに大きなお宮があ [続きを読む]

受信: 2006/04/04 11:47

» 「一粒の麦」続編:一粒が地に落ちて・・・地域に広がる収穫の輪 [【プチ社会貢献レポーターブログ】~まちっこ・まちある記~]
こんにちは、まちっこです。 千葉県我孫子市の「一粒の麦」のことを先日に続いてご紹介します。 「一粒の麦」という名前、素敵だな~と思っていたのですが、うっかりして設立者のKさんにお聞きするのを忘れていて・・・ そういえば、昔そんな題名の映画もあったような・・・。 また、調べてみたら、こんな文章が見つかりました。 「一粒の麦が地に落ちて死ななければそれはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる」(ヨハネによる福音書12章2... [続きを読む]

受信: 2006/05/19 09:28

« イクスース&おわび | トップページ | プロテスタント信者の聖体拝領 »