« 自らをなきものにして、人々につくす | トップページ | 洗礼良いですよ~ »

2006/04/14

17世紀続く主の受難の祭儀

聖金曜日である今日は、主の受難の祭儀がおこなわれました。
受難の朗読(ヨハネ18・1-19・42)では、2人の弟子がイエスを裏切ります。まず、ユダが兵士を連れてゲッセネマの園にやってきます。そして、連行されたイエスを追ったペトロは3度、イエスの弟子であることを「違う」と否定します。

ユダは、金のためか、あるいは、支持的な理由があったのか、銀貨30枚でイエスを引渡し、最後は自殺します。しかし、ペトロはその罪を赦され、イエスの教えを継承します。

キリストは人々を赦し、その罪をあがない、救ってくださいました。私たちもそれに習い、人の罪を許し、奉仕しなければなりません。

十字架の顕示では、十字架にかけられた布を徐々にはずします。聖堂の十字架は高いところにあるので、どうするのかと思っていたら、神父様が奥から別の十字架を出してこられました:-)

十字架の礼拝では、聖体拝領と同じように順に並んで前に行き、十字架を礼拝しました。4世紀頃からこの祭儀が行われているエルサレムでも、同じように礼拝するのでしょうね。

最後に、御聖体を神父様(本来は助祭)が運ばれ、聖体拝領がありました。ミサで聖変化させる時は、大きなホスチア(御聖体)を神父様が拝領されますが、今日は会衆と同じ小さなホスチアでした。

いよいよ明日は、復活徹夜祭です。入信式が行われ、私も洗礼を受けます。本来なら、洗礼で緊張するところですが、共同祈願するように言われましたので、そちらの方で緊張しています(^_^;

|

« 自らをなきものにして、人々につくす | トップページ | 洗礼良いですよ~ »

コメント

受難の祭儀、参加できてよかったですね。平日である日本では、夜の祭儀であってもなかなか難しいことでしょう。下のコメントにも書きましたが、ドイツは休日。なので祭儀の時間も午後3時からでした。聖堂がぎっしり人で埋まりました。明日の徹夜祭は午後10時からです。早めに行かないと座れなくなりそうです。

さかばさんのご受洗、主の恵みに満ちたものとなりますように。

投稿: michaela | 2006/04/15 04:47

>michaelaさん
聖金曜日は3時、徹夜祭は10時ですか。キリスト教が根付いていると、本格的な時刻に行われるのですね。ちょっと、うらやましいです。

ブログに祭儀の様子を詳しく書かれていますね。リンクさせていただきました。

投稿: さかば(管理者) | 2006/04/15 09:28

少し早い(?)ですが、
受洗おめでとうございます!
主のいつくしみが、今も、いつも
さかばさんとご家族とともに
ありますように!!
・・私は、明日からお仕事です・・
聖金曜日と聖土曜日は休みでしたが・・。
聖木曜日と聖金曜日の典礼は参加できましたけど、明日は早起きして、御ミサにあずかるか、夜の7時に教会に行かなくては・・。
まあ、それでも、19時に御ミサをしてくださる教会があることに感謝しなくては
いけないですね。
 

投稿: たらちゃん | 2006/04/15 17:24

>たらちゃんさん
ありがとうございます。
無事、入信いたしました。詳しくは、のちほど書きますが、堅信式でアーメンと言ったとき、初めて御聖体を頂いたときは、感慨深いものがありました。これからも、よろしくお願いします。

投稿: さかば(管理者) | 2006/04/16 08:35

聖ヨセフさま

2006 4/16 !!
ご復活、おめでとうございます。
 受洗、堅信おめでとうございます。   

キリスト者としての道に幸多かれと
祈ります。

「先の者が後になり、後のものが
先になる」というみ言葉があります。

受洗の皆さんが復活の蝋燭から、受け継ぎ
まわしてくださった「心の灯火」が、古い
信徒の心を更に熱くしてくださる事を
恵みの御神に祈ります。

先になったり、後になったり、また後に
なったり先になったり、・・・・
シーソーゲームをしながら、皆お互いに
道程を共に進みましょう。よろしく
カトリック高槻 st.barnabas / J.t

投稿: St.barnabas 於 高槻 | 2006/04/16 19:20

>St.barnabasさん
ありがとうございます。
復活徹夜祭はろうそくがきれいでしたね。
まだまだ、先にはなれないと思いますが、よろしくお願いいたします。

投稿: さかば(管理者) | 2006/04/16 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/9593476

この記事へのトラックバック一覧です: 17世紀続く主の受難の祭儀:

« 自らをなきものにして、人々につくす | トップページ | 洗礼良いですよ~ »