« 神を信じる その2 | トップページ | 叙階の秘跡 »

2006/03/20

教会学校卒業

昨日のミサは、子どもとともに捧げるミサでした。洗礼志願者のための典礼(清めと照らし)のほか、小学校6年生の子どもたちが教会学校を卒業しました。

清めと照らしでは、説教のあとに洗礼志願者と代父母が前に出て、共同祈願が行われます。そして、開放を求める祈りで洗礼志願者への按手(手を頭に添える)と祈りが行われました。

説教では卒業していく子どもたちに十戒(出エジプト20・1-17)のお話がされました。隠そうとしても神様はすべてわかっているから、十戒とされていること、親を大事にする、人を殺さない、ものを盗まない、人のものを欲しがらない、といった約束をこれからも守りましょう。というお話でした。記念品はきれいな絵の入った聖書だそうです。

今年は6人の子どもが卒業でした。教会学校を卒業した子どもたちが、これからも神様の恵みを受け、すばらしい大人に成長していくことを願います。

|

« 神を信じる その2 | トップページ | 叙階の秘跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/9169539

この記事へのトラックバック一覧です: 教会学校卒業:

« 神を信じる その2 | トップページ | 叙階の秘跡 »