« 義人(ユスト)は永遠に記憶に残らん-高山右近その5- | トップページ | 遠藤周作「海と毒薬」 »

2006/01/26

高山右近記念聖堂-高山右近その6-

Kyokai ユスト高山右近高槻城内に建てた天主堂・聖堂のあった場所の近くにカトリック高槻教会があります。その聖堂は右近が帰天したマニラ郊外アンチポロにある聖母大聖堂に模して設計されていて「高山右近記念聖堂」と呼ばれています。

ukon10 教会の案内には以下のように書かれています。「第2次大戦後の1946年、当時の故田口芳五郎大司教は<高山右近顕彰碑>と<記念聖堂>の建立を計画されました。これには、郷土の誇りとして語り継がれてきたキリシタン大名ユスト高山右近を思い起こすことで、敗戦の痛手に打ちひしがれていた日本国民の心を癒し、希望を持って立ち上がる事が出来るようにとの祈りが込められていました。多くの人の祈りと尽力で建立計画から実に16年後の1962年にようやく完成したのです」

ukon9 ユスト高山右近逝去から350年、高槻の地に聖堂が復活しました。現在はそのとなりに右近会館があり、高山右近のレリーフが飾られ、その前には右近像が建てられていますています。ukon8

教会のパンフレットによると、建立が計画された1946年に同大司教は大阪府東部地区の布教をクラレチアン宣教会に委託されたそうです。このためか、北摂地方にはクラレチアン宣教会を母体とする啓光学園があるほか、maria2 カトリック高槻教会の隣接地には汚れなきマリアのクラレチアン宣教修道女会によって創立された高槻マリア・インマクラダ幼稚園がありモンテッソーリ教育が行われています。

annai なお、一見T字型の建物に見えますが、高山右近記念聖堂を空から見ると十字架になっています。中央の緑の丸い屋根のところです。

|

« 義人(ユスト)は永遠に記憶に残らん-高山右近その5- | トップページ | 遠藤周作「海と毒薬」 »

コメント

高槻教会かどうかさだかではないのですが・・。

私の母が、関西の教会めぐりをしていたときに、百年以上の歴史がある教会を
訪れたことがあったそうです。
確か、高山右近らしき?銅像があり、細川ガラシャにもゆかりのある教会だったようだ、そして、近所に、キリスト教系の学校があった、といっておりました。
 いずれにせよ、さまざまな教会の話が
聞けるのは、うれしいです。
また、いずこかの教会に行かれることがありましたら、教えてくださいませ。

投稿: たらちゃん | 2006/01/29 16:24

たびたびすいません。
高山右近の銅像でなく、記念碑だったかも
しれません。
 到着したのが、夕方で、
ごく短時間しかいられなかったので、
母も、よく見てなかったようです。
 日本には、いろいろな歴史のある
教会があるものだ、と思わされます。
以前にも、ある京都の教会の神父様で、
朝鮮半島でなくなられた方のことを、
記しておられましたね。
 とても興味深い内容でした。
私は、在日韓国人3世ですので、
こうした紹介をとても興味深く思います。
どうか、もしほかにもご存知でしたら、
教えてくださいませ。
 個人的には、なき神父様に、
非常に申し訳なく、悲しく思いました。
このように、平和のために尽くされながらも、知られずにいる方は、多いと思います。
今は、天国におられる神父様が、
私たちのために、取り次いでくださるよう、
祈りたいと思います。

投稿: たらちゃん | 2006/01/29 16:29

高槻教会には細川ガラシャと高山右近の描かれた絵はありますが、ガラシャ像はありません。行ったことはありませんが、お母様が行かれたのは、たぶん大阪カテドラル(玉造教会)だと思います。
以下のHoly Ringのページ「屋外(3)」にガラシャ像が写っています。
http://holyring.jp/ir/tamatsukuri/photo.shtml
Wikipediaによると敷地が細川大名家の屋敷跡だそうです。「さかば(管理者)」をクリックしてください。

投稿: さかば(管理者) | 2006/01/29 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/8346403

この記事へのトラックバック一覧です: 高山右近記念聖堂-高山右近その6-:

« 義人(ユスト)は永遠に記憶に残らん-高山右近その5- | トップページ | 遠藤周作「海と毒薬」 »