« And also with you! | トップページ | あなたに話したい »

2005/12/22

堅信~按手により聖霊を受ける~

勉強会は「洗礼堅信について」でした。
洗礼はキリストの道に生きるスタートラインです。これから、マラソンのように信仰の道に生きなければなりません。体力のバランスが大切で、洗礼を受けるころだけ頑張って、途中で棄権することがないようにしなければなりません。あたえられた信仰をまっとうすることが大事です。

「72人帰ってくる」(ルカ10・17-20)では、イエスの使わせた72人がキリストの力によって悪魔さえも屈服させ、病人さえも癒します。イエスは「喜んではいけない、名が天に記されたことを喜べ」と言われます。洗礼を受けたものは天に名が刻まれます。いわば天国へのパスポートですが、失って役に立たなくならないようにしましょう。

「パウロたち投獄される」(使徒16・16-40)はイエスへの信仰の話です。パウロたちは占いの霊に取り付かれる女奴隷から霊を追い出したことを逆恨みされ、鞭打ちの上で投獄されます。パウロたちが賛美の歌を歌うと、牢の戸がひらき、鎖が外れます。囚人が逃げ出したと勘違いした看守は自害しようとして、パウロに止められます。このことをきっかけに、看守はイエスを信じるようになり、家族ともども喜びます。

先週までは、フィリポと高官や3千人の洗礼など、洗礼の恵みを受けて神の子となり、神の命を預かるものになったお話でした。今回のテーマである「堅信」は信仰を固め、強めるものです。受洗者が一人前(大人)の信仰者(クリスチャン)になるために聖なる油(聖香油)を塗ってもらい、聖霊をいただく恵みです。

果物は大きく、それらしい形になっただけでは美味しくありません。光を受け、栄養を吸収することですばらしい果実になります。クリスチャンが、より円熟したものになるために堅信を受けるのです。子どもが大人に成人するように「強い信仰者」になるのです。力強く歩めるように力と勇気をいただくのです。

古い切手や貨幣は年をおうごとに価値が上がります。「最近のクリスチャンは、、、」と言われることなく、一目置かれる存在になってくださいとのことでした。

(使徒8・14-25)ではイエスの名によって洗礼を受けたサマリアの人たちにペトロとヨハネが霊を与えたお話です。手を置く(按手する)ことで聖霊が降ったことは堅信を表します(話の後半でシモンが精霊を降らせる力をお金で得ようとしますが、この話から、お金で霊的なもの(聖なる職)を売買することをシモニアとよぶそうです)。

昔は幼児洗礼をした人が司教により堅信を受けていたそうですが(どうも「幼児洗礼のとき」というのと「昔の成人洗礼」を混同したようです。詳しくはctさんのコメントを参照してください)、いまは幼児洗礼以外の場合に、洗礼のときに「聖なる神が人々を導かれるように」「キリストの愛でこの世に立ち向かうように」司祭から堅信を受けるそうです。

堅信で使われる聖香油は聖木曜日(来年の4月13日)の聖香油のミサで、求道者の油、志願者の油、病者に塗る油、であるサクラクリスマ(聖香油)として、オリーブ油とバルサムで聖別されるそうです。聖香油の「香」は良い影響をあたえる意味で、「油」は腐食しないで長持ちし、浸透する、豊かに注がれる様に、毒されないといった意味があり、聖霊の賜物の多様性を示しているそうです。

|

« And also with you! | トップページ | あなたに話したい »

コメント

さかばさん
堅信について,みことばに基づいた素晴らしい勉強会だったことがブログからもわかります。
私は1985年授洗(26歳),1987年堅信でした。
さて,

>昔は幼児洗礼をした人が司教により堅信を受けていたそうですが、いまは洗礼のときに「聖なる神が人々を導かれるように」「キリストの愛でこの世に立ち向かうように」司祭から堅信を受けるそうです。

とありますが,日本(というか私の知っているのは東京教区と横浜教区だけですが)一般には,今でも幼児洗礼の場合,大人(概ね高校生以上)になってから,自らの意志で堅信を受けます。
そして,堅信は司教によることが多いです。
司教によらない堅信は,
(1)さかばさんのような,大人が自らの意志できちんと勉強して洗礼を受ける場合。
(2)プロテスタントからの改宗の場合。
です。
『カトリック教会の教え』(カトリック中央協議会 2003)「第二部 典礼と秘跡」に,<堅信を受ける人と授ける人>(p.190)という項目があり,
「洗礼を受けて,物事をわきまえる年齢に達している人ならだれでも堅信を受けることができます。またぜひ堅信を受けるように勧められています。日本の教会では『日本における教会法施行細則』 (14) によって,堅信の秘跡が授けられる年齢は十歳から十五歳を原則とすることになっています。
 ラテン教会で堅信を授ける人は通常司教ですが,成人洗礼の場合と,他のキリスト教諸派よりカトリックに転籍する場合は司祭が堅信を授けることができます。また,その他の場合でも重大な理由がある場合は,司祭が堅信を授けることができます。」
と書かれています。
大概この通りに執り行われているようです。

投稿: ct | 2005/12/22 21:29

ご指摘ありがとうございます。
今、出張中の新幹線です。確かに晴佐久神父のお説教を読んでいても幼児洗礼のお話が出ていますし、少し前に見た入門ビデオでも幼児洗礼を勧めていました。
どうも、「昔」と「幼児洗礼」をごっちゃにしたようなので、本文を修正しました。どうもありがとうございました。
(三河安城と名古屋の間で止まっている新幹線より)

投稿: さかば(管理者) | 2005/12/22 22:07

さかばさん:MAGISのctです
新幹線止まっているんですね。
ニュースを見ていても,
まだ雪の気配がないのは沖縄と関東の平野部くらいでしょうか?
鹿児島,高知,名古屋,広島の様子が多く報道されています。
特に,今回は風も強いため各地で停電の被害が出ていますね。
早く新幹線が動くと良いですね。
お疲れ様!

投稿: ct | 2005/12/22 22:47

2時間遅れでようやく着きました。行き帰りの予約を無駄にして早い時間にしたので、仕事にも終電にも間に合いましたが、行きは1時間以上、帰りは2時間以上立っていました。それでもちょうどPHSの電波が入るところに停まったのは、神様のお恵みでしょうか?
「新大阪で折り返せなくなり、電車が詰まっています」のアナウンスは笑ってしまいました(^_^;

投稿: さかば(管理者) | 2005/12/23 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/7775855

この記事へのトラックバック一覧です: 堅信~按手により聖霊を受ける~:

» 行っちゃいました「KENS' BAR」 [つねさんの人生奮闘記]
今週火曜日(12月20日)、なんとかヤフーオークションで、平井堅の「KENS' [続きを読む]

受信: 2005/12/24 00:52

« And also with you! | トップページ | あなたに話したい »