« 悪魔の衣装のサンタさん!? | トップページ | キリスト教の歴史とカトリック »

2005/12/04

福音のはじまり

第2アドベントになり、2本目のロウソクに火が灯りました。
今日のミサの福音朗読は「主の道筋をまっすぐにせよ(マルコ1・1-8)」でした。今日から出生を祝う日とされているクリスマスまでは、福音朗読にイエス様は出てこないそうです。

マタイの福音書はヨセフの血筋を示して福音をはじめていますが、マルコは第一朗読のイザヤ書と、イエスに洗礼をあたえたヨハネの言葉を重ね合わせて福音書をはじめています。マタイも重厚さがありますが、マルコはこの後に続くイエスの物語を輝かしくはじめています。

イザヤ書にあるとおり、ヨハネは人びとに洗礼をあたえて主の道を整えます。そして、ヨハネよりも優れた方が来られ、水ではなく、聖霊で洗礼をお授けになると述べます。

ここで洗礼を授かるとは、回心をさします。神父様いわく「今までの考え方を180度変える」ということでした。だから改心ではなく回心なのですね。

そして、神の道は、きれいに整備する努力が必要なだけでなく、補修も必要です。今日の神父様はミサ後の黙想会に来られました。この黙想会は許しと秘跡とセットになっていて、これまでの自分を振り返り、補修するものだそうです。

クリスマスを迎えるのに信徒でない私は、赦しの秘跡を受けることはできません。前の書き込みをしたカトリック中央協議会のページで「第二バチカン公会議閉会40周年に際しての免償教令」を見つけました。12月8日の無原罪の聖マリアの祭日にお祈りすれば、全免償の恵みを得ることができるそうです(詳細は確認してください)。今年の補修はこれでばっちりですね。

|

« 悪魔の衣装のサンタさん!? | トップページ | キリスト教の歴史とカトリック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/7465356

この記事へのトラックバック一覧です: 福音のはじまり:

« 悪魔の衣装のサンタさん!? | トップページ | キリスト教の歴史とカトリック »