« キリスト教との出会い | トップページ | 信じる »

2005/09/23

信仰とは

水曜の夜に勉強会に行ってきました。
の意思を預言者が人間に啓示を伝えこれを受け入れることが信仰だそうです。遠藤周作は預言者ではないですが、間接的な啓示を受け入れることも信仰なのでしょうか?

今回は十戒の章(前半)でした。偶像崇拝と他の神を信じること(多神教)の禁止を説明していただきました。カトリックでは像ではなくそこに示されている神を拝むための補助的手段と考えているようです(プロテスタントは像もなく十字架だけだそうです)。帰ってから調べると、このようなものをイコンといい、コンピュータでつかうアイコンの語源だそうです。ちなみに東方教会(正教会)は絵のようですね。

神の名をみだりにかたってはいけないと言うのは、神に限らず御名は人格そのものを表すので、尊敬の気持ちを持つべきと言う意味だそうです。

司教や修道者は福音的勧告である貞潔、清貧、従順を請願(約束)しているそうです。安息日の日曜は忙しいので月曜に休むそうです。

他に出たキーワード:忘恩、迷信

|

« キリスト教との出会い | トップページ | 信じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/6095413

この記事へのトラックバック一覧です: 信仰とは:

« キリスト教との出会い | トップページ | 信じる »